少帥展館

趙四風流朱五狂,翩翩蝴蝶最當行。溫柔鄉是英雄塚,哪管東師入瀋陽。告急軍書夜半來,開場弦管又相催。瀋陽已陷休回顧,更抱佳人舞幾回。

ここでは感動させるストリーがあり、さらに歴史が佇んでいた一隅でもある。

少帥禅園は1920年代に建てられ、元々「新高旅社」と呼ばれて北投の温泉区でも名高かった。また、第二次世界大戦のとき、日本軍に神風特攻隊が出戦前の接待所として使われていたのです。1960年代、中国東北出身の若い将軍張学良と夫人趙一荻氏が一時期にここで軟禁されていた。
少帥禅園が北投山麓の林間に隠れ、観音山を眺めて、関渡平原はまるで目の前にある。園内では、食事、温泉、お茶を楽しめながら、台北の繁盛に遠からず、趣のある場所がこんなに近いと感じられる。

英雄の垢抜けた人生

1960年代、中国東北の少帥張学良と夫人趙一荻氏がこの少帥禅園に軟禁されていたため、現地では特別にご夫婦がかつて生活していた居間をリフォームして残す。室内では、お二人の等身大看板が置かれているため、まるで過去の風景に戻ったと感じられる。少帥禅園では台湾唯一の張学良記念亭が建てられ、粛然とした彫刻像と彼の書道真跡を通して懐かしく思う同時に、少帥の「死を怖がらず、財を好まず、情けを受けず、勇ましく清らかに晩年を過ごしていた」という垢抜けた性格も感じられる。

(二)張學良在台灣幽居的地方

1946年11月張學良夫婦即被送來台灣,幽居在新竹深山內的井上溫泉,住在一棟日本人設計建造的木屋內,周圍青山綠水環繞,除了看管的警衛隊外就只有少數的台灣原住民。
1957年起張學良夫婦到台北就醫、辦事,即都被安排居住於少帥禪園現址,當時稱為「幽雅招待所」隸屬於情報局;1960年4月張學良夫婦正式搬遷到台北,仍幽居在少帥禪園現址,但已能有限度的和外界接觸了。


北投復興崗70號是張學良在台灣幽居最久也是最後的地方,他接受宋美齡的建議和蔣經國的同意,自費買下土地並興建住屋,直到1995年移居夏威夷後,才將產權賣給別人。

(三)張學良和蔣氏的恩怨情仇

蔣介石去逝時,張少帥親筆給他寫的輓聯「關懷之殷,情同骨肉。政見之爭,宛若仇讎」,意思是從東北易幟起,蔣介石和張少帥就像拜把兄弟一樣,對他非常的照顧,但是後來因為先安內或先攘外的不同政治見解,少帥發動了西安事變。從此少帥被蔣恨之入骨,把他幽禁了50多年,兩人從親骨肉般的交情,變成仇上加讎的關係。
1958年10月已經開始準備接班的蔣經國和張學良初次見面,地點就在少帥禪園現址,二人都有著豪邁熱情的個性,雖然立場不同卻仍然成為好友的關係,蔣對張尊重並照顧有加,但終其一生他都不同意恢復張少帥的自由。

(四)幽居歲月警衛森嚴

少帥禪園的小六茶舖這一棟老房子,當年是做為張少帥警衛隊的宿舍之用,警衛隊有好幾十個人,名為警衛其實就是看管他的情治人員,警衛隊的領導編階是少將,對外號稱為少帥的侍衛長。第一任侍衛長是劉乙光將軍,黃埔軍校四期生,從1936年到1962年共任該職26年,張少帥50多年幽居歲月他幾乎見證了一半的時間。(左圖為劉去職時全隊的惜別照)
Add to Favorites
Cart

Login

Login Success